BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 【平均寿命と健康寿命】2つの差を縮める方法とは?

【平均寿命と健康寿命】2つの差を縮める方法とは?

みなさん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE TOKAIパーソナルトレーナーの三田です。

【平均寿命と健康寿命】2つの差を縮める方法とは?

平均寿命健康寿命

この2つの言葉を聞いた事がありますか?

また、この2つの意味の違いを説明出来ますか?

平均寿命とは、その年に生まれた子供が何年生きるか推測した物です。

これに対し健康寿命とは、日常生活において自立した生活を送る事が出来る生存期間の事です。

この2つの年数には差があります。

なぜ差が出来てしまうのでしょうか?

差を縮めるにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、平均寿命と健康寿命の差を縮める方法を紹介していきます。

平均寿命と健康寿命の差はどれくらい?

実際には平均寿命と健康寿命はどれくらいなのでしょうか?

これは、男性と女性で異なります。

男性の平均寿命は80歳、女性は87際です。

これに対し健康寿命は男性が71歳、女性が76歳となっています。

男女で年数に差はありますが、どちらも平均寿命の方が長くなっています。

男女で少しの違いはありますが、10年近くは日常生活で誰かの助けが必要となります。

家では子供、入院すれば医者や看護師の助けです。

いつまでも健康でいたい。

誰もが思う事です。

ですがその反面、ほとんどの方が誰かの助けを必要として生活する事になります。

では、健康寿命が平均寿命よりも短くなってしまう原因はなんでしょうか?

健康寿命が平均寿命よりも短い原因とは?

差が生まれる原因としては、以前よりも平均寿命が伸びた事が理由の一つとして挙げられます。

これは、医療制度の充実による物です。

健康診断を受け、問題があれば治療を受ける事が可能です。

これまでは救う事が出来なかった病気やケガでも、現在は治療やリハビリを受けながら生活出来るケースが増えています。

その分、誰かの助けを借りながらの生活になる為、健康寿命の低下に繋がります。

長生きする為の医療制度の充実。

これはとても良い事です。

あとは、治療やリハビリでどこまで回復出来、自立した生活が送れるかがポイントとなります。

また、運動器の障害。

これが、自立した生活を難しくする最大の原因と言われています。

以前までは、平均寿命が今よりも短かったです。

運動器の寿命が平均寿命の伸びに追いついていない事も理由として挙げられます。

他にも、脳血管疾患や認知症。

これらが、健康寿命を縮める原因となっています。

脳血管疾患の方は、運動するにも制限がかけられます。

認知症の方は、誰かの助けが必須となります。

健康寿命と平均寿命の差を縮める方法。

その対策は、原因によっても異なります。

平均寿命と健康寿命の差を縮める方法1:適度な運動

定期的に適度な運動をする。

これが、健康寿命を高め平均寿命との差を縮める方法の一つです。

運動をする事で、筋肉を使います。

これにより、筋肉の衰えを遅くします。

身体を動かす事で、骨に刺激を与える事が出来ます。

骨に刺激を与えれば、骨密度の維持に繋がります。

また、身体を動かす事は関節を動かす事と同じです。

関節を大きく動かせば、柔軟性の低下を遅らせる事も可能です。

加齢と共に、筋力や骨密度、柔軟性は誰でも低下していきます。

ですが、低下のスピードを遅らせる事は可能です。

低下を遅らせれば、健康寿命の向上にも役立ちます。

ただし、運動を全くしていない方がいきなり身体を動かすとケガをする恐れもあります。

また、一日だけやっても意味がありません。

継続的に実施する事が大切です。

その際の強度には十分注意して行いましょう。

平均寿命と健康寿命の差を縮める方法2:バランスの良い食事

加齢に伴い食事量は減少していきます。

減少する事は仕方ありません。

ですが、減少しても栄養バランスの良い食事を摂る事は出来ます。

お米やパンなどの炭水化物。

お肉やお魚などのタンパク質、脂質。

野菜や果物からビタミン。

乳製品などからミネラルを。

この五大栄養素を意識した食事をする事で、バランスの良い食事となります。

好きな物だけを食べる生活が続けば、生活習慣病の危険性も上がります。

高血圧や糖尿病などの事です。

生活習慣を整え、バランスの良い食事をする。

これは、健康寿命を伸ばすだけでなく、平均寿命を伸ばす事にも繋がります。

平均寿命と健康寿命の差を縮める方法3:人とのコミュニケーション

3つ目は、人とのコミュニケーションを大切にする事です。

仕事が無い日は一日中家にいませんか?

1人だと誰とも喋りません。

定年を迎え、仕事が無くなると家にいる事が多くなります。

そうすると、人と喋る機会が減ります。

人との会話が少なくなれば、頭を使わなくなります。

脳の回転が遅くなり、「ぼけ」が始まる場合もあります。

これも、健康寿命を縮める原因です。

コミュニケーションを取る機会を増やす為にも、外出を増やしましょう。

フィットネスジムに通い、スタッフの方や他のお客様と会話する事も良いですね。

働いていた時よりも自由な時間が増える。

これを有効的に使いましょう。

まとめ

本日は、平均寿命と健康寿命について説明させて頂きました。

近年は、医療技術の進歩により平均寿命が伸びています。

これはとても良い事です。

ですが、健康寿命はあまり伸びていません。

いつまでも健康でいたい。

これは誰しもが思う事です。

いつまでも自分の足で移動が出来るように、今から取り組んでいきましょう。

いつからでも遅くはありません。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

三田 雄太
みたゆうた

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事