BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 【体の疲れ】異なる3つの原因と対処法を徹底解説!

【体の疲れ】異なる3つの原因と対処法を徹底解説!

みなさん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE TOKAIパーソナルトレーナーの三田です。

【体の疲れ】異なる3つの原因と対処法を徹底解説!

体に疲れ溜まっていませんか?

仕事、勉強、家事、スポーツなど。

体の疲れは日常生活のあらゆる物が積み重なっています。

溜まった疲れは、ケアをして取り除く必要があります。

溜まる一方だと、いつか倒れてしまいます。

実は、体の疲れはいくつかの種類に分けられます。

今回は、体の疲労の種類と対処法を紹介していきます。

普段の疲れを取り除くポイントはあります。

体の疲れは3種類に分けられる!?

体の疲れは、大きく分けて3種類に分ける事が出来ます。

1つ目は「肉体的疲労」です。

筋肉を動かす為のエネルギー不足や疲労物質である乳酸の蓄積が原因です。

ガソリンが切れた車が動かないと同様、エネルギー切れの筋肉は力を発揮出来ません。

乳酸の蓄積により、筋肉が動きにくくなります。

また、デスクワークなど同じ姿勢を続ければ、部分的に乳酸が溜まり動きが悪くなります。

さらにこれらの症状を悪化させる事は、体を動かさない事です。

動かない事で、筋肉は萎縮し弱くなってしまいます。

2つ目は「精神的疲労」です。

人間関係や職場の過重労働などが挙げられます。

また、その他の日常生活のストレスも精神的疲労の原因となります。

特に女性の場合は生活環境が度々変化します。

結婚、妊娠、出産。

その度に変化しています。

そこでの不安やストレスが精神的疲労として、体の疲れの原因となります。

また、男女問わず子供の世話や親の介護、職場での後輩への指導など。

精神的に負担がかかる事は、日常生活の場面で多く見られます。

予想以上に、精神的疲労は体の疲れの原因となっています。

3つ目は「神経的疲労」です。

一日中座って受けていただけなのに疲れた。

このような経験はありませんか?

座り続ける事で、部分的に肉体的疲労はあると思います。

この時に、目や脳が緊張した状態が続く。

これによる頭の疲れが神経的疲労として、体の疲れの原因となります。

これら3つの疲労は密接に関係しています。

どれか1つでも放っておくと、体の疲れを完全に取る事は出来ません。

体の疲れを取る方法1:姿勢改善

ここからは、具体的な体の疲れを取る方法を紹介していきます。

デスクワークなど同じ姿勢が続けば、部分的に筋肉が緊張します。

その結果、乳酸が溜まります。

動かさない筋肉は血行が悪く、乳酸が流れ出にくいです。

その為、なかなか疲れが取れません。

デスクワークに限らず、同じ作業を繰り返し行う方は注意です。

同様に、部分的に乳酸が溜まりやすいです。

姿勢が悪ければ、その分部分的な筋肉の緊張も起きやすいです。

猫背や反り腰にならないように、姿勢を改善。

体の疲れを取る方法の一つです。

体の疲れを取る方法2:適度な運動

上記でも説明したように、体を動かさなければ筋肉が萎縮してしまいます。

その為乳酸の排出が遅くなり長時間、体に蓄積されたままです。

これを改善するには、適度な運動をする事です。

仕事や勉強、家事で疲れているのは分かります。

だからと言って、休みの日は朝から晩まで寝て過ごしても体の疲れは取れません。

少しのジョギングやウォーキングを試してみて下さい。

この2つには、リフレッシュ効果もあります。

気分転換にも良いでしょう。

体の疲れを取る方法3:睡眠

睡眠には、脳と体を休める効果があります。

これに加え、睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。

細胞が活発になり食べ物が消化、吸収されます。

これにより、疲れた体に栄養が蓄えられます。

この栄養は、次の日の大切なエネルギーです。

その日の体の疲れを取るだけでなく、次の日のエネルギーを作る時間でもあります。

睡眠はとても重要な時間です。

忙しいから睡眠時間を削る。

しょうがない気もしますが、次の日の身体パフォーマンスが低下してしまいます。

頭も回らないでしょう。

睡眠には、多くの効果があります。

体の疲れを取る方法4:食事

「食事をする事は生きる事」

これくらい、食事は大切な物です。

食事をしなければ、倒れてしまいます。

1日3食は欠かさず食べましょう。

その時は時間をかけて、よく噛んで食べましょう。

早食いは、消化不良を起こし胃腸が疲れる原因です。

また、食べるだけでなく栄養バランスも気にしましょう。

豚肉に多く含まれるビタミンB1や果物に多く含まれるビタミンC。

これらには、疲労回復の効果があります。

乳製品に多く含まれるカルシウム。

これには、筋肉をスムーズに動かす働きがあります。

これらを意識して、バランスの良い食事をする。

これが体の疲れを取る方法です。

まとめ

本日は、体の疲れの種類と対処法について紹介させて頂きました。

対処法はいくつかあります。

体を休める事も必要ですが、休み過ぎも良くありません。

しっかりと食事をして、適度に体を動かし、しっかり睡眠を取る。

これが一番の対処法です。

みなさんも無理し過ぎないように生活して下さいね。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

三田 雄太
みたゆうた

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事