BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 食事
  4. 【ダイエット中の間食】食べても良い食材の選び方4選をご紹介!

【ダイエット中の間食】食べても良い食材の選び方4選をご紹介!

みなさん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE TOKAIパーソナルトレーナーの三田です。

【ダイエット中の間食】食べても良い食材の選び方4選をご紹介!

ダイエット中のみなさん。

体重を減らす為には、トレーニングに加え食事制限も必要です。

食べたい物を食べれない。

ダイエットを成功させる為には仕方ありません。

でも、時にはお腹が減って我慢出来ない時もありますよね。

そんな時は、間食を取り入れてみましょう。

もちろん食べ過ぎはいけませんが、我慢し過ぎて暴飲暴食に繋がるよりは良いと思います。

間食は、選び方次第では低カロリーでお腹が膨れる物もあります。

今回は、ダイエット中の間食の選び方を紹介していきます。

ダイエット中の間食の選び方1:糖質が少ない物

糖質が多い物は、カロリーも高いです。

カロリーオーバーの原因となってしまいます。

コンビニやスーパーで間食を選ぶ時に見るポイントがあります。

1つ目は栄養成分票です。

カロリーが高い物は避けるべきです。

普段の食事で抑えている意味がなくなります。

2つ目は原材料です。

その食品に含まれている割合が多い物から書かれています。

この時に、砂糖が最初の方に書かれていたら避けるべきです。

その食品には、見えなくても多くの砂糖が使われている事になります。

ダイエット中の間食としては避けたいです。

菓子パンなどを選ぶより、ドライフルーツやナッツ類の方がオススメです。

ダイエット中の間食の選び方2:タンパク質が豊富な物

タンパク質は、ダイエット中でも欠かせないです。

筋肉を作る材料はタンパク質です。

体内に不足すると、筋肉が分解されてしまいます。

筋肉量が増える事で、基礎代謝も向上します。

基礎代謝が増えれば、痩せやすい身体に近づきます。

間食としても、タンパク質が多い食品を選んだ方が良いです。

また、タンパク質には「アルブミン」という成分が含まれています。

これには、体内の水分を外に排出する働きがあります。

水分が排出される事で、むくみも改善されます。

サラダチキンや卵、ヨーグルトなどはコンビニで手に入ります。

これらは、低カロリー高タンパクで調理も要らないので簡単です。

筋肉を分解しない、むくみを改善する為にも間食にはタンパク質の多い物がオススメです。

ダイエット中の間食の選び方3:よく噛む物

スルメやビーフジャーキーは硬いです。

その分、たくさん噛む必要があります。

たくさん噛む事で、満腹中枢が刺激されます。

少ない量でも満腹感を感じられます。

カロリーも低いので、ダイエット中のカロリーオーバーにはなりにくい思います。

ただ、塩分が含まれているので食べ過ぎに注意です。

塩分の過剰摂取はむくみの原因です。

ダイエット中の少量の間食としてはとても良いと思います。

ダイエット中の間食の選び方4:チョコはハイカカオの物に

ダイエット中、甘い物が食べたくなる時があります。

その時には、間食にハイカカオのチョコを選びましょう。

カカオはポリフェノールです。

ポリフェノールは体内で、有害物質を無害に変える働きがあります。

生活習慣病の予防にも役立ちます。

カカオに加え、オリゴ糖が入っていると間食としてより良いです。

オリゴ糖は、糖でも少し特殊です。

血糖値が上がらず、身体に吸収されません。

また、腸内環境を改善する働きもあります。

普通のチョコと比べると、太りにくい物となっています。

ダイエット中の間食としてはオススメです。

ダイエット中の間食に合わせる飲み物は?

食事の時と同様、間食の時も飲み物を飲む事が多いと思います。

間食でカロリーを抑えても、飲み物を気を付けなかったら意味がありません。

カロリーオーバーに繋がり、ダイエットの成功が遠くなってしまいます。

飲み物は基本、水やお茶などの砂糖が入っていないゼロカロリーの物がオススメです。

コーヒーや紅茶などでも良いと思います。

ただ、水以外の物にはカフェインが含まれています。

飲み過ぎると、睡眠の質が悪くなる恐れもあります。

なので、水が一番オススメです。

飲み物を意識するのは、間食の時だけではありません。

ダイエット中の食事の時全てです。

食材を気を付けてカロリーを抑えても、甘い飲み物を飲んでいたら意味がありません。

ジュースや炭酸飲料は500ml1本でも約250kcalあります。

間食や食事を気を付けた意味を無くさないように気を付けましょう。

ダイエット中の間食のタイミングは?

昼食の4時間後、夕食の4時間前が良いとされています。

昼食から3~4時間後にお腹が空くのは不思議な事ではありません。

このタイミングで間食を食べても良いと思います。

ただ、間食の直後に夕食があるなら間食は無しで良いです。

夕食を食べられなくなり少量になってしまいます。

就寝前などの時間にお腹が空くかもしれないので。

昼食から夕食が8時間程空くなら間食を取り入れましょう。

そうする事で、夕食の食べ過ぎを防げます。

お腹が空いたら食べる。

これでは、一日何回間食をするか分かりません。

間食の回数と量は決めましょう。

まとめ

本日は、ダイエット中の間食について説明させて頂きました。

ダイエット中でも間食は取り入れて良いです。

ですが、選ぶ食材や食べる時間を間違えると、ダイエットに悪影響をもたらします。

逆に、これらの事を意識する事でダイエット期間をストレスなく過ごす事も可能です。

ダイエット中のみなさん、ぜひ間食取り入れてみて下さい。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

三田 雄太
みたゆうた

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事