BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 【股関節が硬い…】放っておくと危険な理由4選を解説

【股関節が硬い…】放っておくと危険な理由4選を解説

みなさん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE TOKAIパーソナルトレーナーの三田です。

【股関節が硬い…】放っておくと危険な理由4選を解説

みなさんは、毎日ストレッチしていますか?

ストレッチをしないと、身体は硬くなり続ける一方です。

このようなデータがあります。

身体全体の関節を見て、股関節が硬い人が圧倒的に多いというデータです。

股関節とは、上半身と下半身を繋ぐ重要な役割を担っている部分です。

硬い原因は人それぞれですが、硬いままだと身体に不調を来してしまいます。

多くのデメリットがあります。

逆に、柔らかいと多くのメリットがあります。

柔軟性の点だけでなく、ダイエットやボディーメイクにも役立ちます。

今回は股関節に重点を置き、メリットとデメリット、ストレッチのタイミングを紹介していきます。

股関節が硬くなる原因とは

主に、筋肉のコリが原因となります。

股関節は多くの筋肉が関与しています。

お尻や太もも、背中の筋肉などが関与しています。

この中の1つでも硬くなると、股関節が硬くなる原因となります。

長時間の同じ姿勢が、筋肉の緊張を起こし股関節を硬くします。

例えば、1日8時間のデスクワークです。

人間の脳は、間違った事でも同じ事をし続ければそれが良い事だと思います。

悪い姿勢が続けば、脳は良い姿勢と認識してしまいます。

8時間の間違った姿勢が、筋肉のコリに繋がります。

普段の姿勢の崩れが、股関節を硬くする原因となってしまいます。

股関節が硬い事のデメリットとは

股関節は、人間の数ある関節の中でも最も大きな関節です。

毎日の歩く、走る、座るなどの日常動作は股関節が主で担っています。

実は、股関節は毎日使っているんです。

ストレッチをしないと、股関節に疲れがどんどん溜まっていき、硬くなってしまいます。

股関節が硬いと、血行が悪くなり老廃物が上手く排出されません。

脚のむくみ冷えなどの症状に繋がります。

これにより、基礎代謝も低下して痩せにくい身体になってしまいます。

トレーニングをして筋肉量を増やしても、一向に痩せやすい身体には近付けません。

また、股関節に限らず、身体が硬いと怪我をする恐れが高くなります。

怪我をすると、以前にも増して一層関節が硬くなります。

このように、身体が硬いと怪我をしやすくなる他に、ダイエットにも悪影響をもたらしてしまいます。

股関節の硬さを改善するメリットとは

基本的には、デメリットの反対の事がメリットとして挙げられます。

血行が良くなり、老廃物の排出がスムーズになる。

脚のむくみや冷えなどの症状が改善され、脚が細くなります。

美脚への第一歩ですね。

股関節の硬さが改善され、動きをスムーズにする事で新陳代謝アップに繋がります。

太りにくく、痩せやすい身体へ近づきます。

運動をしても、怪我をする可能性が低くなるので安心して身体を動かす事が出来ます。

また、腰痛も身体が硬い事が原因と言われています。

腰が痛いならマッサージを受けに行くイメージはありませんか?

確かにマッサージは筋肉をほぐしてくれます。

ですが、それは一時的な物でしばらくすると再び痛みが現れます。

一時的に痛みは取れますが、柔軟性を持続するのは難しいでしょう。

痛みが取れても姿勢が改善されなければ、悪い姿勢のままです。

ストレッチをして股関節の柔軟性を向上させる。

そして、姿勢を良くしていく事が腰痛改善に役立ちます。

股関節が硬いと老けて見える!?

ここでの老けて見えるというのは、外見の事ではなく、身体の動かし方の事です。

日本人は世界的に見て、平日に座っている時間が世界一長いと言われています。

休日は身体を休めるという意味もあり、座る時間が長くなるでしょう。

日本人は、仕事中にも座っている割合が多いです。

営業や店のレジ対応の人は座っている時間が短いと思います。

反対に、デスクワークが中心の方はほとんど座っている事になります。

寝ている時間を除けば、1日の8割、9割座っている事になります。

同じ姿勢を続けているので、筋肉も凝り固まっていきます。

股関節が硬くなる一方ですね。

硬くなれば、可動域も低下します。

スムーズに歩く事、サッと立ち上がる事が難しくなるでしょう。

運動をしていないお年寄りのように、動きが遅くなってしまいます。

実際は20歳なのに、老けて見えてしまいます。

股関節が柔らかければ、お年寄りの方でも若く見えるという事です。

ハツラツと歩き、サッと立ち上がる。

キビキビとした動きをすれば、若く見えます。

股関節の硬さを改善して、実年齢よりも若く見られるように頑張りましょう。

股関節の硬さを改善するならお風呂上がりに

ストレッチは、身体が温まっている時に行うのが効果的です。

一般的には、お風呂上がりですね。

筋肉を「お餅」に例えると分かりやすいです。

お餅は、温まっている時は伸びやすく、冷えていると硬くなり全く伸びないです。

筋肉も同じです。

温まっている時の方が伸びやすく、冷えていると伸びにくくなっています。

このような理由から、お風呂上がりの身体が温まっている時がベストです。

股関節の硬さを改善するならこのタイミングですね。

まとめ

本日は、股関節が硬いと起こる身体への影響を説明させて頂きました。

股関節が硬いと、怪我に繋がる。

これは、イメージが付きます。

他にも、ダイエットへの悪影響や老けて見えるなどの様々な症状があります。

身体の1つの関節が硬いだけで、多くの影響が出ます。

日頃のストレッチを心掛け、股関節だけに限らず全身の硬さを改善していきましょう。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

三田 雄太
みたゆうた

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事