BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 【生理中に体重増加…】3つの理由と解決方法を徹底解説!

【生理中に体重増加…】3つの理由と解決方法を徹底解説!

みなさん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム

CALORIE TRADE TOKAIパーソナルトレーナーの三田です。

【生理中に体重増加…】3つの理由と解決方法を徹底解説!

女性の方は、ある年齢を超えるまで定期的に生理が来ます。

その頻度は25~38日に1回と言われています。

これは女性特有の物で、女性ホルモンが関係しています。

また、生理中は体重が増えてしまうというデータがあります。

生理が来る原因はホルモン作用の影響です。

では、なぜ体重が増えやすくなってしまうのでしょうか?

今回はその理由を説明していきます。

ダイエット中の女性の方は参考にしてみて下さい。

生理中に体重が増える仕組みとは

生理中の体重増加の原因は3つあります。

1つ目は「むくみ」が原因です。

体内に水分が溜まりやすくなり、むくみに繋がります。

主に水分が増えているだけなので、生理が終わったら体重は元に戻ると思います。

2つ目の原因は「便秘」です。

生理期間中は女性ホルモンの影響で、腸の働きが弱くなります。

これにより便秘に繋がります。

また、体内に水分が溜まりやすくなる影響により便の水分が足りなくなります。

排出されるものが少なくなり体重増加に繋がります。

こちらも、生理中のみの一時的な体重増加です。

3つ目は「体脂肪率の増加」です。

生理中の体重増加一番の原因です。

女性ホルモンの影響により、血糖値をコントロールする「インスリン」というホルモンの働きが弱くなります。

このホルモンの働きが弱くなると、食事をした時に血糖値が急上昇します。

そして、時間が経つと急激に血糖値が下がります。

体内に必要な分のエネルギーはあるにも関わらず、お腹が空いてしまいます。

この時に何か食べてしまう事が体脂肪率増加に繋がります。

繰り返しの食事が生理中の体重増加となってしまいます。

生理中の体重増加を防ぐ方法は?

むくみや便秘は体重増加に繋がりますが、排出されれば問題ありません。

1番注意したいのは体脂肪率の増加です。

生理中の食欲を抑える方法を紹介します。

食事をする際にはゆっくり、よく噛んで食べるようにしましょう。

満腹中枢が刺激されて、間食も減らす事が出来ます。

また、食べる順番も意識したいです。

炭水化物やお肉、お魚などから食べると血糖値が急上昇してしまいます。

野菜などの食物繊維の多い食材から食べる事で、血糖値の急上昇を防ぎます。

暖かい飲み物をゆっくり飲む事で、お腹が膨れ満腹感も感じられます。

これらの方法を実施しても、食べ過ぎてしまう日はあると思います。

その場合、翌日の食事で調節しましょう。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物中心の食事は控え、野菜中心のメニューを意識しましょう。

むくみ解消にも繋がります。

生理中は体重維持が大切!

上記で説明したように、生理中は体重が増えやすいです。

それに加え、腹痛、腰痛、頭痛、下痢などの症状が現れます。

普段と比べるとストレスも溜まりやすくなります。

この期間に体重を減らそうと思ってもなかなか減りません。

むしろ、いろんなストレスが積み重なり大幅な体重増加に繋がる恐れもあります。

この理由から、生理中は体重維持を意識しましょう。

もちろん、体重が減るに越した事はありません。

ですが、上記の理由からも難しいです。

ダイエット自体NGでは無いですけど、オススメは出来ません。

体重維持を意識して、生理後に再び体重を減らして行きましょう。

生理中に増えた体重が元に戻らない!?

生理が終われば、むくみや便秘が解消されます。

食べ過ぎていなければ生理中に増えた体重は元に戻ると思います。

ですが、元に戻らない場合もあります。

「食べ過ぎていて体脂肪量が増えた」という理由がありますが、他にも理由があります。

それは生理中のむくみ、便秘が改善されていない場合です。

当然、改善されなければ身体の外に排出されるべき物が排出されません。

改善されない事には理由があります。

それは、普段から塩分を摂り過ぎている、身体を冷やしているなどが挙げられます。

塩分の摂取が多いと、水分の排出量が減ります。

身体は、塩分濃度が高いと比率を保つ為に身体に蓄える水分の量が増えます。

これが、むくみに繋がってしまいます。

また、身体を冷やしていると腸の働きが弱くなってしまいます。

腸の働きが弱いままだと、生理中の状態と変わりません。

この期間と同様に便秘になってしまいます。

この2つを改善するには、普段の生活から気を付けなければなりません。

むくみに関しては、塩分少ない食事にする。

便秘に対しては、日頃から暖かい服装をする、冷たい飲み物を避けるなどの対策があります。

生理が終わっても体重が元に戻らない人は、いつもの生活を見直してみて下さい。

まとめ

本日は、生理中の体重増加について説明させて頂きました。

生理は女性特有の現象です。

痛みなどが伴い、非常に辛い事だと思います。

ですが、生理が起きるという事は体内のホルモンバランスが正常だという事です。

また、赤ちゃんを授かるための大切な準備段階でもあります。

ダイエット中に生理が来た場合は、無理の無い範囲で行いましょう。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

三田 雄太
みたゆうた

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事