BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 筋トレしない日でもプロテインを飲む必要ってあるの?

筋トレしない日でもプロテインを飲む必要ってあるの?

筋トレをしない日でもプロテインを飲む必要ってあるの?

筋トレを行っている方は、筋トレとセットになっているかのように必須アイテムとして、プロテインを摂取しています。

しかし、実際にトレーニングで体を作るあげていく際に、プロテインがどんな役割を持っているのか知らない方も多くいらっしゃいます。

また、筋トレをしない日でもプロテインは必要なのかすごく気になりますよね。

そこで今回は、筋トレとプロテインの関係性をまとめ、プロテインの必要性について詳しくまとめて行きたいと思います。

筋トレとプロテインの関係性とは

プロテインは人間が必要とする栄養素のタンパク質です。

人間の体には、炭水化物、タンパク質、ビタミン類やミネラルといった必要な栄養素をバランスよく摂取する事で成り立っています。

その中で筋トレとプロテインが密接な関係にあるのは、体を鍛える際にタンパク質を必要とするからです。

実は、歳を重ねるごとにつれて、タンパク質の摂取量が減少しているのが現実です。

タンパク質が減少している原因はさまざま考えられるのですが、筋トレで体を鍛える際はどうしてもタンパク質が必要となるので、プロテインは必須アイテムということになります。

プロテインは筋トレ後なるべく早めに摂取するのが良い?

結論から言いますと、プロテインの摂取は筋トレ後45分以内がおすすめとなります。

理由としましては、筋トレにも様々なトレーニングがありますが、トレーニング後は、筋肉細胞が傷ついている状態ですので、プロテインを摂取することでタンパク質が傷ついた細胞を修復するように働いてくれます。

更に、筋トレ後はどうしても、体内のエネルギーや栄養素を消費してしまい、飢餓状態となってしまっています。

飢餓状態となっている時は、体内で栄養素を吸収しやすい状態になっているので、特にトレーニング後のプロテインは必須アイテムとなります。

筋トレ後の45分以内は、たんぱく同化と呼ばれる現象がピーク迎える時間帯と呼ばれていて、体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する時間帯となっています。

要は、その時間帯にタンパク質を摂取することでカラダをつくる手助けをしてくれるのです。

ですので、筋トレ後のプロテイン(タンパク質)体を作るために必須アイテムということが分かります。

プロテインを飲まないと筋トレの効果はなくなる?

プロテインを摂取しなくても筋トレを行う事で効果は期待できます。

タンパク質は人間の体を形成するために必要な栄養素ですので、肉や魚などから摂取することは可能だからです。

また、食事から摂取したタンパク質が体内に届いている状態であれば、もちろん良い筋肉を作ることができます。

大切なことは、筋トレにプロテインが必ず必要というわけでなく、筋トレにはタンパク質が必ず必要という事です。

筋トレ後の45分間で食事からタンパク質を摂取するよりも、プロテインを摂取するほうが手早く摂取することができるので、筋トレを行う際はこのプロテインをおすすめしているのです。

筋トレをしない日もプロテインは必要?

プロテインの必要性が分かってくると、筋トレにはプロテインが必要になるけど、筋トレをしない時には、プロテインは必要ではないという方がほとんどだと思います。

しかし、実はその考え方は間違っています。

プロテインは筋肉をつけたい人や筋肉量を減らしたくない人が飲むべきもの。

筋トレをしない日でも筋肉をつけたいのであれば、プロテインは飲むべきなのです。

プロテインを筋トレの休みの日に摂取するかしないかで、筋トレの効果に大きな差が出てくることになります。

そもそも筋トレの時にプロテインを摂取するのは、タンパク質が筋肉を作るうえで必要だからです。

実際に、筋トレを行って筋肉が大きくなろうとする時間は、24時間~48時間続くと言われています。

そう考える、筋トレをして、明日は筋トレを休むとしても、休んでいる時でも筋肉を作ろうと体内では動いている状態です。

筋肉を作っている以上は、どうしてもタンパク質が必要となるので、手早く摂取することができるプロテインは、筋トレが休みの日でも必要になるのです。

では、筋トレを行わない日でもプロテインは必要ということが分かったところで、筋トレを行わない日のプロテインの摂取量はどれくらいが良いのかをご紹介致します。

プロテイン=タンパク質の量で計算すると、体重1kg×2gが理想のタンパク質の量となります。

簡単に考えると50㎏の方だと100g、60kgの方だと120gのタンパク質が必要になります。

このタンパク質の量は、激しい運動をしない、筋トレをしない普段の一日に必要な摂取量となります。

ですので、筋トレをしない日は、上記の量をバランスよく食事と一緒に摂取するようにしましょう。

まとめ

筋トレをした後に飲むものという印象が強いプロテインですが、筋トレをしない日でも筋肉は成長しています。

なので、筋トレをしない日でも定期的にプロテインを飲むようにしましょう。

ただし、1日に何杯も飲んでも良いというわけではありません。

当然、プロテインにもカロリーは含まれているので、飲み過ぎは太る原因となります。

食事での摂取カロリーや摂取タンパク質量とのバランスを見ながら効率的にプロテインを取り入れるようにしていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

以上、CALORIE TRADE TOKAIがお送りしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東海市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

大野 隼渡
おおの はやと

トータルセッション数

1,000回

今まで行ったパーソナル数。月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

150人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約150人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

東海市パーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

東海市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事